太田泰雄氏の中国政治経済レポート(2017年度)

2017年6月 中国マンスリーレポートPDF

北朝鮮 「最高の尊厳」
中国 「核心」
日本 「官邸の最高レベル」
似てきてしまった
  鳥取県元知事 片山義博 早稲田大学教授

その後 内閣支持率急落
「共謀罪法案」をごり押し
「森友」「加計」学園問題における露骨な隠蔽姿勢
6月17-18日 支持率調査
朝日新聞  支持率 41% 前回比 6ポイント下落
        不支持率 37% 6ポイント上昇
読売新聞  支持率 49% 12ポイント下落
        不支持率 41% 13ポイント上昇
毎日新聞  支持率 36% 10ポイント下落
        不支持率 44% 9ポイント上昇
        (支持率、不支持率逆転)
共同通信  支持率 44.9% 10.5ポイント下落
        不支持率 43% 8.8ポイント上昇
1強も、慌てだしました

国連安全保障理事会報 「北朝鮮の石炭を4月に輸入したと
国連に報告した国は「0」と」
北朝鮮に対する制裁の実効性はどうか
① 中国の北朝鮮からの鉄鉱石輸入、4月 前年同期比4.4倍 2026万㌦(22.2億円)
   1月以降金額で4倍を超える状況を継続
② ロシアの北朝鮮との貿易額 今年1~3月 前年同期比85%増加、主に石油製品
   貨客船「万景峰号」の定期航路開始、2020年までにロ朝の貿易高を10倍に増やす
トランプ米政権も中国の動きを把握しており、いら立ちを強めている

この他 北朝鮮の外貨獲得手段
1.労働者の海外派遣
2.ゴールド(金)の輸出
3.麻薬(欧米の医薬品業界)
経済的な制裁は難しいですね


2017年5月 中国マンスリーレポートPDF

「一帯一路」に関する国際会議、5月14~15日 北京で開催
130余国と70以上の国際機関から 計1500人参加
インフラ建設を軸に中国主導の経済圏を作る
中国から陸路で欧州に至る「シルクロード経済ベルト(一帯)」と
南シナ海やインド洋を経てアフリカなどに至る「21世紀海上シルクロード
(一路)」を軸とする、海と陸の現代版シルクロード構想
2014年末 中国が途上国のインフラ整備などのため400億㌦
(約4.5兆円)を拠出して始動
今回習近平氏 「一帯一路」基金に1000億元(1.6兆円)追加拠出表明
第2次世界大戦後に米国が西欧を援助することで、自国商品や通貨、
文化を広めたマーシャルプランと共通点を指摘する声が多く、
「中国版マーシャルプラン」とも呼ばれる
中国は経済を武器に自らの勢力圏を築き、米国主導の秩序に対する
挑戦で、将来的には米国を追い越す狙い?
多くの国々は中国の資金が経済成長を後押すると歓迎しているが、
一部では反発もある
港湾に中国の潜水艦が寄港したり、輸送量が増えず、資金返済が
難航して、中国側から港湾警備を含めた権限移譲を求められたりする、
一対一路の経済支援が中国企業の進出ばかりに役立っているとの
批判も根強い


次のような意見がありました、同意されますか?

韓国の新大統領 文在寅(ムン・ジュイン)は本当に反日か
1.文大統領は首相に知日派の李洛淵(イクヨナン)を指名、同氏は
元東亜日報東京特派員、韓日議員連盟副会長兼幹事長で日本語が
堪能、この人事は日本に対する強烈なメッセージ
2.文は当選後、真っ先に韓国軍の制服トップに電話をかけて、
北の動きに警戒を怠らないよう言葉をかけた
3.10日の就任演説で「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく、
北京や東京にも行き、条件が整えば平壌にも行く」と述べた、全方位
外交を展開するバランス感覚を披露(いく順番もきちんとしている)

北朝鮮の核・ミサイル危機を巡って、4月のトランプ・習会談では
かなりシビアな話が交わされた
(同じ場所でゴルフをやって喜んでいた安倍さんとは大違い?)
1.軍事的解決はありえないことについて習は強くクギを刺した
2.解決策として、石油供給の全面ストップに至る経済制裁
3.それがダメな場合、中国が糸を引いて北の将校を動かして
「宮廷クーデター」を起こす、米特殊部隊突入の場合と違って
大戦争になりにくい
4.こんな手段は取りたくないと中国が北を説得

文政権は、一面でこの米朝協議を歓迎しつつ、韓国の頭越しに
両国が朝鮮半島の運命決めることには反発、韓国が主導権を
発揮することが、結果的に韓米同盟を強めることになると主張

安倍政権は米国の軍事的圧力手段を強く期待している
米空母との共同訓練、安保法初適用による「米韓防護」
北ミサイルに備えたミサイル防衛強化、共謀罪法案の強行
米国が強行姿勢を取り、米日韓同盟を主軸に「中国包囲網」
を作り上げようとしている
トランプ政権はすでに「関与モード」を主として軍事的圧力を従と
する判断に踏み切っている、安倍外交は足元に口の空いた
クレパスに落ちるかもしれない


2017年4月 中国マンスリーレポートPDF

北朝鮮を巡り情報が錯綜しております、何が真実でしょうか

3月6日 北朝鮮 4発同時の中距離弾道ミサイル発射実験
日本の自衛隊の迎撃ミサイルで、同時に撃ち落とせるのは3発まで

4月3日 ソ連ペテルブルグの地下鉄車内で自爆テロ 14人の犠牲者
容疑者キルギス出身のイスラム教徒
ロシア保安局の自作自演の観測、ロシアの軍事力強化の世論を高めるため
プーチン氏は諜報を流し、陰謀を画策するのはお手の物

4月7日 シリアへのミサイル攻撃、「トマホーク」59発 発射
アサド大統領は本当にサリンを使って反政府軍を攻撃したのでしょうか
「やらせ」説もあり
(北朝鮮への脅しも含んでいる)

4月12日 アフガン爆撃、米国は核に準じる大規模破壊兵器を投下
(北朝鮮への脅しも含んでいる)

4月13日 ドイツ ドルトムントの自爆テロ(バス襲撃)
サッカー選手重傷
「ドイツのシリア派兵」を糾弾するという文書が出されましたが・・・

4月16日 北朝鮮長距離弾道ミサイルとみられる実験
発射直後 爆発し失敗

トランプ氏は「中国が協力を決断しなければ、我々は独自で問題解決する」
と言っています

米中連携により中国が民間航空機停止など経済制裁を開始
2つの空母を派遣し強大な軍事力を誇示
ここまでは来ましたが、
ロシア、北朝鮮と新航路 ウラジオストックと北朝鮮の羅先(ラソン)をつなぐ
貨客船の定期航路が5月に新設、万景峰号が月6回のペースで往復
北朝鮮制裁の抜け穴に

米軍は韓国に2.8万人、日本に2.5万人配置
韓国内にいる日本人 約5.7万人
ソウル周辺には韓国の人口の半数近く(2000万人以上)が住んでいる
ソウルは南北の軍事境界線から40キロしか離れていない
北朝鮮を攻撃すればソウルで100万人は死ぬ

米国の北朝鮮攻撃はできないでしょうね
中国に頼るしかないでしょうか


2017年3月 中国マンスリーレポートPDF


2017年2月 中国マンスリーレポートPDF

アリババ集団の馬雲会長、訪米し1月9日トランプ氏と会談、米国で100万人の雇用の
創出を打ち出した
馬氏は米国の中西部の農産物や酒類、衣料品などを中国や東南アジアに輸出する
事業を計画、このビジネスは採算が合わない可能性が高く、中国当局による
「損失補填」が不可欠と言われる
多少の経済利益を放棄する代わりに、台湾や南シナ海への海洋拡張を狙う
トランプ氏も習近平氏も取引好き、赤い資本を使って、トランプ氏とその周辺を潤わせる


トランプ大統領も20日、就任から1か月の節目を迎えました、「米国第一」の旗を振り、
保護貿易、移民排斥に動く超異端児
あなたは この政権がいつまで続くと予想されますか


2017年1月 中国マンスリーレポートPDF

アメリカ第一主義(America First) ドナルド・トランプ
異例のアピール競争
自動車
GM 米国内で10億㌦(1140億円)投資、1千人超の追加雇用
フォード メキシコでの新工場建設を撤回
   20年からミシガン州の工場でSUVを生産
FCA ミシガン州などに10億㌦(1140億円)投資、2000人の新規雇用
トヨタ 今後5年間で米国に100億㌦(1.1兆円)投資
現代 米国に今後5年間で31億㌦(3500億円)投資、新工場建設も検討

IT業界
IBM 4年間で技術者など2万5000人を雇用
ソフトバンク 4年間で5万人の雇用と500億㌦(5.7兆円)の投資
アリババ 中西部の中小企業で100万人の雇用創出
アマゾン 1年半で倉庫労働者や技術者など10万人を雇用

その他
バイエル(独) 買収するモンサントを通じて80億㌦(9000億円)の
 研究開発費を投資、9000人の米国内の雇用を維持し、
 先端技術分野で3000人新規雇用
ウォルマート 2017年内に米国で大規模な新規出店や改装に取り組み、
 約1万人の新規雇用
ブリヂストン 米工場に1.8億㌦(206億円)追加投資

アメリカはインフレにならないか


イアン・ブレマン氏の「2017年 世界の10大リスク」


最新版ビジネスレポート

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

ページトップ
Copyright © 2008~2016 みんなの上海, All rights reserved.