上海の黄浦区(旧盧湾区含む)と人民広場・淮海中路のエリア紹介

上海の中心区で人民広場や東方電波塔など浦東を一望できる外灘や、若者に人気のある賑やかな 人民広場・南京東路エリアと、上海を代表するオシャレショッピングストリートの淮海路や新天地を擁する 旧盧湾区エリアです。


人民広場

黄浦区中央に位置する公園があり、有名な観光地スポットである南京東路歩行街から外灘(バンド)につながる浦西の代表的エリア。 人民広場駅上の来福士広場や外灘付近などは浦西が一望できるため高級オフィスビルが多い。 地下鉄1号線2号線8号線が利用でき、空港からのアクセスも便利。 日本料理店は多い。


人民広場の特徴的な施設

人民広場/人民公園 (レンミングアンチャン/レンミンゴンユエン)

一日の乗降客30万人以上の地下鉄人民広場駅の地上部に位置しており、意識している日本人はあまり多くないですが、北側が「人民公園」、南側が「人民広場」になります。人民広場北側に上海随一のシンボルである「上海博物館」、西北に「上海大劇院」、東北に「上海都市計画展示会館」があり、人民公園の地下は10代向け「香港名店街」、「迪美地下商場」というショッピングモールとなっています。

南京東路 (ナンジンドンルー)

上海随一の繁華街の南京東路。人民広場から外灘まで続くストリートにデパートが立ち並び、大部分が歩行者天国となっており中国各地や世界中から観光客が集まります。 地方から来る観光客相手にブランド旗艦店などが大きく売上を上げています。 地元上海人はあまり訪れません。

外灘 (ワイタン、BUND)

上海随一の観光エリアで、ライトアップされた租界時代の歴史建築群が立ち並びます。黄浦江の対岸は浦東エリアの陸家嘴金融街の東方明珠タワーを中心に森ビルなど高層ビル群が立ち並び過去から未来へのコントラストが絶妙で多くの観光客を魅了しています。 歴史建築内のテナントには高級レストランやクラブ・バーが多く、週末には欧米人を中心に多くの夜遊び好きが集まります。客層は富裕層が中心でバブリーな雰囲気です。

来福士広場 (ライフシーグアンチャン、RAFFLES)

地下鉄人民広場直結で、上海随一のオシャレ好きな若者が集まるショッピングモール。上海の渋谷109と言ったイメージで、日系アパレルや化粧品店舗も出店しています。 上層部はオフィス棟になっており、立地やその眺めの良さから世界の大企業オフィスが多く入居しています。


人民広場のオフィスや店舗に関して

メリット

上海の中心地の為、交通アクセスは良い。浦東へも交通の便が良い。人民広場付近は若者が多く集まるので若者向けファッション関連の出店が有利。

デメリット

浦西エリアの中では日本人の多い虹橋古北エリアには最も遠いと言える。ラッシュ時にはタクシーがつかまりづらい。


人民広場のマンション・住宅に関して

メリット

市中心部に位置し交通のアクセスは良い。

デメリット

日本人居住者は多くはなく、日系スーパーなどは無い。一等地であり家賃は高め。



淮海中路

旧盧湾区エリアで地下鉄1号線黄陂南路駅、陝西南路駅が通る一大ショッピングストリート。 米アップルの中国第一号店もこのエリア。黄陂南路駅から南には有名観光スポット新天地があります。 市中心からやや南に位置し中心部ならタクシーですぐです。地下鉄は1号線と新天地付近の10号線がありますが日本人の多い古北・虹橋地区へはアクセスが少々不便。 オフィスビルも多く、日系企業も多いエリアです。


淮海中路の特徴的な施設

新天地 (シンティエンディ)

言わずと知れた上海の観光スポット。石庫門と呼ばれる古い建物をリノベーションし、オシャレなカフェやバー、レストランが立ち並び、昼夜問わず多くの観光客や地元上海人、在住外国人が集まる。日系飲食「アフタヌーンティ」や、アパレル「A BATHING APE」も出店しています。 周辺は高級マンションが多く外国人、中国人の富裕層が多く住んでいます。

淮海路 (ホアイハイルー)

租界時代から大通りだったため、現在でも古い洋館や並木道などが残る上海独特の雰囲気を持った通り。 昔からオシャレなストリートして有名で観光客や地元上海人で賑わう一大ショッピング街。 デパートなど上層階はオフィス棟も多く、日系企業も多く入居しています。

メディアマーケット

淮海路の旧伊勢丹をそのまま利用した、ドイツの大手家電販売チェーン「MEDIA MARKT」。2011年1月オープン時には、既に撤退した米ベストバイと並び「世界的な家電販売チェーンが上海で激突」と騒がれましたが、駅から遠く立地の悪さが影響してか現在は集客に乏しい現状。またベストバイ同様、中国人の趣向を掴みきれてない印象。

田子坊 (ティエンズーファン)

淮海路から南下し建国路と泰康路の中間に位置する、古い住宅街を利用し入り組んだ路地に数百店が並ぶショッピング&観光スポット。地元民向けというより、主に観光客向けの店舗が人気。 また、周辺にはショッピングモール「日月光広場」があり、多くの日系アパレルや飲食店が出店。回転寿司チェーンの「がってん寿司」もこちら。


淮海中路のオフィスや店舗に関して

メリット

タクシーで市中心部のどこに行くにも便利で賑やかな場所。若者が多く、上海の流行を体感出来る。中国人従業員からも人気エリア。

デメリット

オフィス・店舗物件ともに相場は高め。日本人の多い古北や虹橋へのアクセスは少々不便。


淮海中路のマンション・住宅に関して

メリット

市中心部に位置し移動は便利。日系企業や日本食レストランも多い。 旧フランス租界時代の建物やオシャレな飲食店など雰囲気の良いエリアも多い。

デメリット

家賃は高め。ラッシュ時にタクシーがつかまりづらい。



長寧区

普陀区・閘北区

徐匯区

静安区

黄浦区(旧盧湾区含む)

虹口区・楊浦区

浦東新区(陸家嘴)

松江区・閔行区

浦東新区郊外

嘉定区・宝山区

金山・奉賢・青浦


ページトップ
Copyright © 2008~2020 みんなの上海, All rights reserved.