上海の静安区と南京路のエリア紹介

歴史のある静安寺を中心とした南京西路エリアはオフィス設置の好立地。
区全体としても日系オフィスや居住の日本人も一定数あるエリアです。


静安寺

上海市中心部のやや西よりに位置する地下鉄2号線静安寺駅周辺エリア。整備された人気のビジネスエリアで多くのオフィスビルが林立しています。地下鉄2号線が利用可能なので虹橋空港も浦東国際空港も地下鉄でアクセスできます。 市内中央に位置するのでどこへでもタクシーで移動出来て便利です。 日本料理店も多く、久光(そごう)百貨など日本人にとって生活は便利な地域です。


静安寺の特徴的な施設

久光百貨 (ジョウグアンバイフォ)

ツインタワーが特長的な上海有数の高級ショッピングモール。 香港そごう系列。上海在住日本人御用達。食品、ファッションアイテム、生活雑貨、文具など、日本の商品が豊富な大型デパート。中国人富裕層にも人気の百貨店。特に日本好きな富裕層が多い。

静安寺

三国時代に最初に建てられ長い歴史の中で何度となく損壊しましたが、そのたびに再建されてきました。1700年を超える長い歴史を持っています。最近また整備されてまた新しくなり上海の発展と共に常に進化しています。


静安寺のオフィスや店舗に関して

メリット

地下鉄静安寺は2号線7号線が通り、日系企業への営業アクセスも良い。富裕層買物客が多く、店舗出店にも立地が良い。

デメリット

商業物件の家賃は高め。


静安寺のマンション・住宅に関して

メリット

市中心部に位置し交通のアクセスは良い。久光デパート地下スーパーなど日本の食材が手に入る。日本食レストランも多い。

デメリット

家賃は高め。ラッシュ時にタクシーがつかまりづらい。



南京路

地下鉄2号線南京路駅エリア。上海市のほぼ中心部に位置し人民広場からも地下鉄で一駅の距離で、市中心部であればタクシーですぐ周れます。 上海の高級ブランドモールの代名詞とも言える恒隆広場(PLAZA66)や、金鷲ビルなどもあり人気が高い地域となっています。全体としてブランドブティックが立ち並び整ったオシャレな雰囲気のエリアで上海の銀座と言えばわかりやすいでしょう。ユニクロが2010年5月に世界最大の旗艦店をオープンさせたのもこのエリアです。地下鉄では2号線で東は浦東、西は虹橋まで一本で行くことが出来ます。


南京路の特徴的な施設

恒隆広場 (ヘンロングアンチャン、PLAZA66)

上海を代表する高級ブランドモール。世界中から高級ブランドが集まり中国人富裕層の嗜好を満足させる存在です。 上層階はオフィス棟になっており、こちらも世界に名だたるブランド企業が入居しています。

梅龍鎮伊勢丹 (メイロンジェンイーシーダン)

日系デパート伊勢丹の上海店。淮海路店は閉鎖されましたが、こちらは健在。センスの良い品揃えが観光客にもおしゃれな地元客に人気です。16000平方メートル、7階建ての館内には多くのブランドの化粧品やブティックも揃っています。上層階のオフィス棟にも日系企業が多く入居しています。

ユニクログローバル旗艦店

2010年5月に、ニューヨーク、ロンドン、パリに続き4番目となるグローバル旗艦店。約1100坪を誇る売り場に連日オシャレ好きの上海人が買物に詰め掛けています。 年配の中国人の購入客も多く、老若男女に幅広く受け入れられています。

四季坊(呉江路)  (スージーファン)

B級グルメ屋台で有名な呉江路(東段)の西側に位置する小楊生煎、南翔小龍包、麻辣湯、アワビ・フカヒレ専門店などのレストラン・スイーツ、アパレル店が集まった「四季坊(In point)」。南京路との間は歩行者天国となっており、買物客で賑わう場所となっています。


南京路のオフィスや店舗に関して

メリット

地下鉄2号線が通り、日系企業への営業アクセスも良い。日系企業のオフィスも多い。富裕層買物客が多く、店舗出店にも立地が良い。

デメリット

商業物件の家賃は高め。ラッシュ時にタクシーがつかまりづらい。地下鉄は2号線のみで沿線以外は隣の人民広場や静安寺で乗り換えが必要。


南京路のマンション・住宅に関して

メリット

市中心部に位置し交通のアクセスは良い。高級ブティックや高級レストラン、日本食レストランも多い。

デメリット

日本人居住者は多くはなく、日系スーパーなどは少ない。一等地であり家賃は高め。



長寧区

普陀区・閘北区

徐匯区

静安区

黄浦区(旧盧湾区含む)

虹口区・楊浦区

浦東新区(陸家嘴)

松江区・閔行区

浦東新区郊外

嘉定区・宝山区

金山・奉賢・青浦


ページトップ
Copyright © 2008~2020 みんなの上海, All rights reserved.